22秒で覚えられて美白ケアがバツグンに速くなる方法
22秒で覚えられて美白ケアがバツグンに速くなる方法
ホーム > 便秘 > 子供の便秘の原因とは?

子供の便秘の原因とは?

子供の便秘の原因については、いろいろなことが言われます。

たとえば、好き嫌いが多いために食物繊維の摂取量が少ないことが便秘の原因になっているという意見もあります。

確かにその通りで、食物繊維は胃や小腸で消化吸収されずに、ウンチを構成する元となるものですから、食物繊維が足りないとウンチの量が足らずに便が出にくくなります。

しかし、野菜や食物繊維をたっぷり摂っている子供でも便秘になることがあるのはなぜでしょうか?

また、運動不足が原因になっていると指摘されることがあるかもしれません。

運動が不足すると、排便をするために必要となる腹筋や腸の筋力が弱くなりますから、便が送り出せなくなって便秘になることがあるかもしれません。

でも、比較的からだをよく動かしている子供でも便秘になることがあるのはなぜでしょうか?

さらにストレスが便秘の原因になることもあります。

便をつくる器官である大腸は、心理面の影響を受けやすく、強いストレスを感じると腸がけいれんしてウンチを上手に送り出せなくなってしまうのです。

入学や転校など環境が急に変わった時に便秘になりやすいのはこのためです。

このように子供の便秘の原因として考えられることは様々にありますが、これらはどれもひとつの原因から枝分かれして生じているような表面的な要因に過ぎません。

本当はもっと根本的な原因があり、そこが改善できれば少々栄養バランスが悪くなっても、運動が不足しても、ストレスを感じていても便秘にはなりにくいのです。

その根本の原因とは、腸内環境が整っていないということです。

腸内環境は、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌によって構成されています。

善玉菌と悪玉菌の総数というのは人間の生涯を通じてほぼ一定といわれていますが、問題はその比率にあります。

善玉菌と悪玉菌の比率は、そのときの食習慣や生活習慣や心理状態によって、シーソーのようにすぐに変動します。

善玉菌の比率が大きくて優勢であれば、善玉菌の排出する乳酸や酢酸などの酸の働きで腸は活発に働き、ウンチも適度に水分を含んでやわらかいので、便が腸内にたまっていくということはありません。

 

逆に悪玉菌が優勢になっているなら、どんなに食事や運動に気をつけても、腸の働きが抑制されるために理想の便が形成されず、スムーズに排泄することが難しくなります。

要するに、体の内部からきちんと整えなければ、外からいろいろやったところで効果が薄いということです。DHAサプリの子ども向け

理想的な状態は、まわりの環境に少々変動があっても腸内では常に善玉菌が優勢な状態にあることです。

もし子供の便秘を改善するためにいろいろやってきたけどもなかなか効果が表れないというときは、この善玉菌を増やすという発想を意識することが打開のカギとなるかもしれません。